<< わおづくし 見上げるとそこには >>
思いを馳せて
 
JMCの続きです。
時間が前後しますが、次はアフリカセンターへ。

a0266527_20225099.jpg
入ったところの中央にこんなものが。
針金を使ってアリ釣り体験ができるようになっていました。
わー楽しそうと思い針金を曲げてゴソゴソ・・・
が、最初、この断面の透明の部分がアクリル板なので
少し傷がついており中が良く見えなかったのです。
ちょっと手ごたえがあって引っ張り出そうとすると
んんっ!ちょっとリアルなアリが出てきそうで怖かったので途中でやめました・・・。
a0266527_20233011.jpg

気を取り直して、チンパンジーのところへ。
15:00に行ったのでちょうどお食事の時間でしたが
タイミングが悪く、写真は残念ながらこれだけしか撮れませんでした。
a0266527_20232249.jpg
再び気を取り直して次はマンドリル。
こちらはまだご飯が残っており、
この通りオスが一頭、ガラスの真ん前まで来ていました。
この青・赤・黄のコントラストが絶妙。

青い部分ってどんな質感なんだろう。
何気にずっと気になっていて
実際見れば分かるかなぁと思いましたが、
直接見ても分かりませんでした。

a0266527_20230725.jpg
続いてお隣を覗くと、
一番楽しみにしていた
ニシローランドゴリラのタロウさんがいました。
(下は少し前に屋外にいたときのタロウさん)
a0266527_20235290.jpg

屋外で見た時と違って、
間近で見るとその大きさに圧倒されてしまいました。
a0266527_20235794.jpg
穏やかそうなお顔
a0266527_20241326.jpg

ガラス前まで来ることもありましたが手とかも本当に大きい。
a0266527_20240915.jpg
少し動き出したタロウさん。
手元をよく見ると・・・
a0266527_20241887.jpg
こんなに曲がるの!!
実際自分でもやってみると、
イタタ・・・、とてもじゃないけれど真似できません。

a0266527_20242368.jpg
身体は大きく握力もすごいですが、性格は穏やかだというゴリラ。
チンパンジーやオランウータンとはまた違う魅力に、ファンになってしまいそうです。

その反対側には壁一面に現地の様子が写真と共に展示されていました。
野生動物たちはどんな空気感なところに住んでいるのか、
現地の人々は何を食べ、どんな生活をしているのか、
こうして写真で飾ってあるとそんなことが想像しやすく
実際にそこに住んでいる動物たちに思いを馳せたりしながら
より深い動物観察を楽しめたのでした。
現実から目を背けちゃいけないなと思うようなことも書かれてあり
色々と学ぶことができたアフリカセンターなのでした。

a0266527_20243069.jpg




[PR]
by animal-humaneye | 2013-12-17 21:56
<< わおづくし 見上げるとそこには >>



by Ginevra3