タグ:サル ( 6 ) タグの人気記事
京都市動物園~サル舎

次はチンパンジー舎の斜め向かい、サル舎です。




ワオキツネザルたち
寒いから固まってました。
a0266527_19411022.jpg

アカゲザル
こちらもさらに寒かったのでくっついてサル団子になっていました。
a0266527_19411403.jpg

マンドリルの父ベンケイと
a0266527_19493895.jpg

左側がお姉ちゃんのマンゴー。

a0266527_19494172.jpg
妹のサマンサはどこだ。わかりませんでした。
ちなみに母オネの子の名前には、代々マンドリルの「マン」が入っているそうです。
オネの名前の由来もちょっと気になります。




そしてサル舎唯一の類人猿、シロテテナガザル。


シロマティー♂!
はじめまして!ずっとお会いしたかったです。
とても綺麗な毛並み。雨でちょっとどんよりだね。
a0266527_19493095.jpg


クロマティー♀!
a0266527_19493252.jpg

プロフィールによると、
シロマティーはいつもクロマティーの顔色を窺っているそうです。
かかあ天下なこの図、どこかで見たことあるような(^_^;)
そう言われてみると、色は違えど雰囲気も似て見えてきたり…


朝出たばかりだからか
シロマティーはブラキエーションしたり、
上ったり下りたりとよく動いていました。
a0266527_19495025.jpg


ガラスと網の境目の支えのようなものが、ちょうどテナガが持てる太さのようで
ガラスのすぐ向こう側でブラブラしてたり、移動用に使っていたりして距離が近く感じました。
a0266527_19494748.jpg
シロマティーの足の裏


ブラキエーションバーはなだらかな曲線状になっていて、
上り下りできる形(テナガがそういう感覚なのかわかりませんが)
になっているのが面白いなぁと思いました。
a0266527_19495642.jpg

そしてチンパンジー舎同様、こちらもたくさん植樹してあり緑がいっぱい。
この日は雨が降っていたので雨宿りにもちょうど良さそうでした。
a0266527_19500500.jpg
a0266527_19500736.jpg
奥にこんなものがありました。なんでしょう??
a0266527_19500913.jpg


そして横にはこんな展示物が。一瞬たわしか何かかと思ったのですが、
a0266527_19501397.jpg

近づいてみるとテナガの手型模型
でもただの模型ではなく、ツルツルなのと指紋模様の入った比較模型。

指紋がどれだけ大切なのか見て触って分かるようになっていて、
確かに指紋ナシはとにかく滑る!

身をもって体験できました。
そして最後の、「ヒトの祖先はサルである」、「サルにあるからヒトにもある!」
とのメッセージが素敵だな思いました。
ストレートで分かりやすい。サルもヒトもみんな一緒です。

a0266527_19501590.jpg


さらにテナガザル年に合わせて、絵本のようなこんなものもありました。
a0266527_19502006.jpg
小さな子どもでもすぐに観察が始められますね(^^)
a0266527_19502259.jpg



そして最後に、テナガザルの数字の勉強の看板。
現在、勉強を始めてから約7年。
徐々に覚えている数字は増えていて、特にシロマティーは熱心に取り組んでいるそうです。
時間があればぜひ見てみたいです。

a0266527_20503659.jpg

勉強については、
生き物・学び・研究センター長の田中正之さん著の「生まれ変わる動物園」に
始められたきっかけや方法について詳しく書かれてあります。
テナガとマンドリルの反応の違い、そこから見えるシロマティーの性格などなど
読んでいてとても面白い一冊でした。




[PR]
by animal-humaneye | 2015-11-22 21:31 | Comments(0)
あっという間の夢のJMC
 
楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。
JMCの記事もこれで最後です。


a0266527_21251760.jpg
シャマンはモンキースクランブルの他にも
エコドームと呼ばれる巨大な球体の部屋にも行けるようになっていました。
大きなベッドがつり下がっていてとても楽しそう。
まさか、このベッドに寝転がってお昼寝なんかするのかな?
a0266527_21254164.jpg
ギボンハウスにはシロテテナガザル。

お母さん...かな?
a0266527_21275145.jpg
子ども...ですかね?
とてもきれいな顔だちをしていました。
a0266527_21283082.jpg
こっちも子ども??
プロフィールが見当たらなかったので家族構成が分かりませんでしたが
きれいなテリトリーソングを何度か聞くことができました。

ふとサクラたちの声と重ね合わせ懐かしみつつ
(この期間3週間くらい動物園に行っておりませんでした)次のところへ。
a0266527_21280366.jpg



リスザルの島ではこのように本物の森林のような空間の中を
リスザルが自由に行き来できるようになっていました。
声は聞こえるのですがなかなか見つけることができません。

a0266527_21260439.jpg
と思ったら向こうからやってきました。
a0266527_21262472.jpg
で、1頭見つかると次から次へと見つけられるようになり、
そこにも 

a0266527_21265261.jpg

ここにも。
a0266527_21263983.jpg
モンキーバレイにはヤクニホンザル。
ちょうど向こうの山の紅葉がきれいで、ずっと眺めていたくなるような場所でした。
a0266527_21290100.jpg
しかし、さすがに季節は冬。
日の当たらないところでは、サルたちは寒そうにお団子状態。
a0266527_21312538.jpg
その次、アヌビスヒヒ。
面白そうな装置を発見!
がしかし、修理中!
今度来たときは直っておりますように・・・
a0266527_21291885.jpg
a0266527_21292476.jpg
ブラウンキツネザル
a0266527_21293823.jpg
その奥にはガラスを挟んでエリマキキツネザル。
なんや、と言う感じで顔だけ起こしたと思ったら、
また眠りに落ちていきました。
a0266527_21294652.jpg
室内にいたときのエリマキキツネザル


a0266527_21332049.jpg
 
さらに奥へと進み南米館へ。
中にはワタボウシパンシェやサンタレスマーモセット(下)など
小型のサルがたくさんいて非常に興味深く、一室一室離れるのが惜しいほどでした。

a0266527_21302945.jpg
特にピグミーマーモセットは、ずっと眺めていたくなるような存在。
a0266527_21303533.jpg

後ろ髪を引かれる想いで南米館を出るとそこで衝撃的な出会いが!


この子は本当にサル・・・!?と思ってしまうほどもこもこな体毛に覆われた
ダスキーティティと呼ばれるオマキザル科のサル。
a0266527_21310359.jpg
もぐもぐサツマイモを食べていたのですが
この愛らしいお顔に思わずキュンとなってしまいました。
一目でファンになってしまいました。
a0266527_21311132.jpg
こちらはフランソワルトンの赤ちゃん。
a0266527_21315372.jpg
ノドジロオマキザル
a0266527_21320101.jpg
(口元にあるのはこの日の夕食だと思われるオレンジです。)
a0266527_21320652.jpg
a0266527_21330849.jpg

そしてフサオマキザル。
子どもが数頭いたのですがそのうちの2頭がなんだか面白くて・・・。
a0266527_21322273.jpg
なにコソコソしているんだろう。
a0266527_21323775.jpg
左の子が手をたたいて何かを食べているようなのですが
右の子には何を食べているのかよく分からないようで、
ずっと不思議そうに眺めています。
たしかに何を食べているのか、こちらからもよく分からず・・・

a0266527_21325000.jpg
他にはこんなに渋い顔の子や
a0266527_21325591.jpg
赤ちゃんの姿も見られました。
a0266527_21330022.jpg

次はアフリカ館。
ちょうど夕ゴハンの時間だったようでみんな室内にいました。

バーバリーマカク
a0266527_21335899.jpg
ブラッザグエノン
a0266527_21340394.jpg
身体が大きかったけれど男の子かな?
a0266527_21340928.jpg
素敵な模様のアカオザル
見落としてしまいましたが尾が赤いそうです。
a0266527_21341410.jpg
a0266527_21341818.jpg
サイクスモンキー
a0266527_21342257.jpg
子どもみたいに可愛らしい顔つきのタラポアン。
a0266527_21342788.jpg
横に飛び出た毛が特徴的なアンゴラコロブス。
a0266527_21344022.jpg
正面から見てもインパクト大の素敵な髪型の持ち主です。
a0266527_21344420.jpg
そして最後にアビシニアコロブス。
a0266527_21372705.jpg
この困り顔が何とも言えない愛らしい雰囲気を醸し出しておりました。
a0266527_21373520.jpg
みんなでモグモグ...
後姿も美しいコロブス。
a0266527_21374066.jpg

ここまで書いてきたサルたちの名前は
こちらの「霊長類ガイドブック」を頼りに書いてきました。
初めに見たとき思わず飛びついてしまい、即買。
「霊長類についての入門書」と本の冒頭に書かれてあるとおり、
後半の大図解の部分は読みごたえたっぷりです。
今度行くまでにもっと読み込んでおけばさらに楽しめるかな?
この本、宝物になりそうです。
a0266527_21374596.jpg


園内のすべての箇所にこのような看板が設置されていました。

a0266527_21375296.jpg
一定のルールを守らなければ法律により罰せられるとも書かれてあります。
柵があれば触れちゃいけない、当たり前のことに思えても
一部の人にはそれが通じないのかもしれません。

一人一人がマナーを守ればみんなが幸せに過ごすことができます。

ジェフロイクモザルが真上を通っていくあの緊張感や
柵も何もないwaoランドやリスザルの島に入っていくあのワクワク感はなかなか感動的なものです。
そんな感動を味わいつつ、お互いが安全でいられるのは
この看板や飼育担当さんのご尽力のおかげです。


次に来る時も、またあの感動を味わえるかなとワクワクしつつ、
(出来ればあの「ワオのシッポ」が入荷されていることを祈りつつ...)
幸せな気持ちと感動を胸に、園をあとにしたのでした。






[PR]
by animal-humaneye | 2013-12-19 23:32 | Comments(0)
わおづくし
少し時間があったのでお仕事体験(当日予約制)に参加してみることに。
この日はワオキツネザルのおやつ作り体験(ライトver.)でした。

a0266527_19365666.jpg
飼育係さんの見事な手さばきで
あっという間にそれぞれの箱に振り分けられていく果物たち。
a0266527_19244961.jpg

「それではこのタッパに入れましょう」と言うことで
このようにバイキング形式で詰めていきます。
a0266527_19245593.jpg
「ワオたちは何が好きなのか、よ~く観察してくださいね」
a0266527_19250065.jpg

ワオミニ知識や注意事項を聞いて、
いざ、タッパを抱えてワオランドへ潜入!
a0266527_19250993.jpg
タッパを地面に置くとさっそく食べに来た一頭のワオ。
a0266527_19251605.jpg
と思ったら茂みからドドドッとみんな出てきて
思わず後ずさってしまいました。

a0266527_19252258.jpg
ガツガツガツガツ...
食べにくるのはみんな女の子。
a0266527_19252846.jpg


オスたちは遠くから見物。
(メス優位の動物なのでオスはいつも遠くから見守っているそうです。
でもときどきメスと仲の良いオスは食べられるそうです)
a0266527_20211035.jpg
この子は食べることに集中しすぎて
耳にパイナップルがのっていることにも気づいていないようでした。
a0266527_19253482.jpg
近~。
けれど、もちろんおさわり禁止です。


a0266527_19253961.jpg

最後に「学習証明書」なるものを頂き、
楽しかったお仕事体験はあっという間にお開きの時間に。
ちなみに最後まで残っていたのはバナナとオレンジでした。



夕方、もう一度ワオランドに行くと
みんな太陽に向かって日向ぼっこ。(なぜだか二ヤけ顔に撮れてしまった右3頭)
a0266527_19260085.jpg

こちらの屋根、布でできていて
ワオが乗ってもけっこう不安定なのですが
全く気に留める様子もなくその上を歩いたり、身軽に縁にぶら下がったり。
その身体能力の素晴らしさに改めて感動いたしました。
a0266527_19261014.jpg

 
a0266527_19261870.jpg

a0266527_19262222.jpg

もうそろそろ戻ろうかな・・・と思いつつ、
ふと頭上を見上げるとワサワサとワオの大群が木の上にいました。
a0266527_19263230.jpg
野生でもこんな感じなのでしょうか。
しばらく眺めながら、またまた野生のワオが住むマダガスカルの地に思いを馳せつつ、
ワオランドをあとにしたのでした。
a0266527_19263706.jpg


[PR]
by animal-humaneye | 2013-12-18 20:56 | Comments(0)
見上げるとそこには
幸いお天気にも恵まれたこの日。

a0266527_20334921.jpg
ワクワクしながら正門をくぐるとさっそく目に飛び込んできたのが
シャマンとジェフロイクモザルのいるモンキースクランブル。
全長数十メートルの空中の橋の上やバーを自由に
ジェフロイクモザルとシャマンがそれぞれ行き来できるようになっていました。
a0266527_20342078.jpg
(写真上側のバーがシャマン用、橋はジェフロイ用)
a0266527_20342445.jpg
このように人間の真上をクモザルが通って行く姿を何度も見ることができました。
a0266527_20340231.jpg
a0266527_20335810.jpg
来ないとは分かっていても、
ガラスも何もない頭上を野生動物が通っていくのは
すこしドキドキしました。
けっこう板と板の間があいているのによく落ちないなと感心してしまいました。
しかも足元を見ていないような。
a0266527_20335471.jpg
これってどうなっているのでしょう。
ここでもブラキエーションするのかな。
ちょっと見てみたかったのですが、残念ながら見られませんでした。
a0266527_20342722.jpg
a0266527_20343262.jpg
他にも、
シャマンの子どもを見られたり、
a0266527_20343952.jpg
2頭で優雅に腕渡りする姿も。
こんなに高いところだったら、すごい眺めでしょうね。
a0266527_20343698.jpg



[PR]
by animal-humaneye | 2013-12-12 21:08 | Comments(0)
A Taste Of Rope
a0266527_11502679.jpg

ブラッザモンキーのジュンコ
[PR]
by animal-humaneye | 2013-10-24 21:48 | Comments(2)
だるまジュンコ
2週間ぶりにジュンコに逢いに行くと
福々しく可愛らしくなっていました。
まるでだるまさん・・・?
a0266527_1523094.jpg

a0266527_1524910.jpg

そんなジュンコを見ていると
ちょっと絵を描きたくなってきました。
「De Brazza's "Daruma" Monkey」
a0266527_153876.jpg

右端は母ユミです;

ブラッザモンキー
[PR]
by animal-humaneye | 2013-09-16 14:50 | | Comments(0)



by Ginevra3
検索
リンク
タグ
(10)
(6)
(2)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
その他の動物園

以前の記事
2015年 12月
2015年 11月
2014年 07月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 05月
2012年 04月