「ほっ」と。キャンペーン
田中さんのいきものトーク
海の日。
6年くらいぶりに、のとじま水族館へ行ってきました。
というのもこの日は生き物大好きで有名なココリコの田中直樹さんの
生き物に関するトークショーがあるとのことで急きょ計画したものだったのですが、
幸い雨も降らず、そこまで太陽も照っていなくて最高の水族館日和でした。


会場のアシカとイルカプールに着くと、
思ってた通りすでに満員で立ち見まであるほどでしたが、
いい席がゲットできて待つこと15分。

(写真右側の客席とプールの間のステージに田中さんが上がってお話しされていました)
a0266527_20244101.png


テーマは「いきものの見る世界」。
お客さんからランダムで好きな生き物を聞いて、それに関するお話を田中さんが次々と語っていくというものでした。

撮影・録音すべてNGだったので、ちょっとしたメモと記憶からなのですが、とっても楽しいトークだったので少し書いていきたいと思います。


ある女の子が好きな生き物は「シャチ」と答えると、
シャチの獲物の捕獲方法の全身を使った説明から始まり、
「ヨシキリザメ」は一番漁の網に引っ掛かり、かまぼこの原料に使われるなどとっても身近な生き物であるとか、
私が一番へー!と思ったのがイカとタコの墨の違い。
タコはサラッとしていて、危険が迫るといわゆる忍者の雲隠れのような使い方をするけど、
イカの墨は固め(?)で自分の分身を見せて目をくらませて逃げるのだそうです。
そんな違いがあったとは!!!衝撃!

またウミガメと陸にいるカメについては、
陸のカメは甲羅に頭や足を隠すことで身を守るけど、
ウミガメは隠す代わりに堅い前肢で泳いで逃げることを選んだ結果が今の形だそう。
さらにカメの首のしまい方まで田中さん自身がS字になって説明されていました。
これはいしかわ動物園で習ったのだ!とちょっと嬉しくなりました。
またマッコウクジラに出会ったら身体をよーく見てみよう、餌のダイオウイカの跡がついていたら戦った証拠だということや、
クマノミがイソギンチャクの毒が大丈夫なのは、人がレインコートを着ているような感じで、
暮らしていく中で少しずつ耐性ができていったものだという話も。

最後の方にはのとじま水族館の副館長さんもステージへ上がり、マンボウについてのトークに。
最近の研究で、野生のマンボウにカメラをつけてみたところ、一日に何度も水深200mほどまで潜っていることが分かった、
それで飼育するにあたっても水温を変えたりして工夫しているとのことでした。

世界の至るところでそういった研究がされていて、
それが飼育施設で活かされ、そこで暮らす動物たちがより豊かに暮らせるようになります。
そんな生き生きした動物たちを私たち来園者が見ることで興味が生まれ、
さらにはその仲間の住む野生の地へ思いをはせたり、
自然保護を意識できたりいろんな可能性を秘めているなと今回のトークを聞いて改めて思いました。
特に魚に関するお話は普段聞く機会が少ないので新鮮に感じました。


本当にたくさんの種類のいきものの質問に答えられていて、
さすがは芸人さんのトーク力というか、途中何度も面白い場面があったり、
ちょっぴり知識が増えて嬉しくなったりで楽しい楽しい40分でした。

私はこの後初めて園内を周ったのですが、
やっぱり話を聞いた後なので、タコを見れば「墨、サラッとしてるんだよね」とか、
「これがコブダイかー」と思い出しながら見れて、生き物それぞれが特性と一緒に強く印象に残りました。
ちょっと聞いただけでこんなにも世界が広がるんだなーと得した気分。

戻りますが、最後に見どころを聞かれた田中さんは
「のとじまなどのガイドがあるところでは、どれを見ようかなと計画していけば、
生き物のいろんな側面が見られる、それはきっと楽しいと思う」と仰っていました。
じっくり見ることに価値があるのは動物園も水族館も同じですね。
今度はゆっくり一日見て周りたいなあと思ったのでした。






スマホなので画質は良くありませんが、撮ってきた写真を何枚か。


企画展「水中のそっくりさん」
ウミヘビとアナゴとウナギ、とかマダイとクロダイがいる中、
ペンギンを発見!
マゼランペンギンは分かりやすいですが、フンボルトとケープってこんなに似てたんですね。
並んでると分かりやすいです。
a0266527_20245912.png

君が例のタコか。話は聞いたよー。
a0266527_20250690.png

絡まるクラゲ。
a0266527_20251827.png
ヨコスジヤドカリとヤドカリイソギンチャク。
お互い、存在がメリット。
a0266527_20252450.png


ダメサンゴとイバラモエビ。
いい感じにスポットライト。
何がダメなのか調べたら、装飾品にならないからだそう。
いるだけで十分立派です。
そしてエビの良い引っかかり場になってる。
a0266527_20252193.png



気になる!ナヌカザメ
a0266527_20252726.png

こんな目でした。
a0266527_20253023.png

そしてやっぱり圧巻のジンベエザメ館。きれいーー
a0266527_20253315.png

半球体になってって、結構奥まで乗り出せるガラス。
海に置かれてるみたいでちょっと怖いけど何回も見てしまう。
a0266527_20253557.png
おわり。



[PR]
# by animal-humaneye | 2016-07-19 21:56 | 動物園その他 | Trackback | Comments(4)
夢のコラボ

今日はサン家へお邪魔してきました。


遼様、わらび兄さん、そしてサン家の預かり犬たちに遊んでもらって大満足なジニーとハリー。
(冷静顔なジニー。たぶんまぶしくて目を細めてる)
a0266527_21061830.jpg

ハリーも陽を浴びて気持ちよさそうです。
(これはなぜか不審そうな顔をしていますが…(;・∀・))
a0266527_21061182.jpg


って



???
a0266527_21085218.jpg


??????
a0266527_21085574.jpg



??????????
a0266527_21121727.jpg

実はハリーの兄弟、アルー♂も一緒だったのです!!!
(右はサン家の預かり犬のちくわ♂)
a0266527_21092572.jpg

久しぶりの再会、感動の抱擁。
a0266527_21122215.jpg

愛しい弟(兄?)よ。
a0266527_06513167.jpg




斜め後ろ姿も、
a0266527_21122014.jpg


ご機嫌な時にスリスリするのも、
a0266527_21133144.jpg

足の長さも、比率も、口の開け方も!
a0266527_21133593.jpg

顔の模様も同じすぎる!
兄弟だから当たり前だけど。。でもなんか言いたくなる!そっくりすぎる!!
a0266527_21151565.jpg

座り方さえも!(もういい)
a0266527_21132525.jpg




お互い嬉しそうにツンツンしあってほとんどずっと一緒にいて、
a0266527_21140301.jpg

追いかけたり追いかけられたり、ときには一緒に木陰で休んだり。
見ていてとってもとっても和みました(^^)
a0266527_21140501.jpg


ハリー本当に良かったね!!
可愛すぎ!
a0266527_21140825.jpg


ジニーはどう思っているのかな?
義理の弟か兄みたいな(^^)?夫婦じゃないしなんか違うか。
でも嬉しいには違いないよね!
a0266527_21142026.jpg




ね!ジニー

a0266527_21080014.jpg



。。ってあれっ

a0266527_21165987.jpg

ってこっちもか!っとツッコミたくなりますが。。。
a0266527_21170277.jpg


実はジニーの兄弟、タロウ(えだ豆)もいたのでしたー
a0266527_21182514.jpg



こっちはさらに似すぎてもう脳が混乱するレベル。
a0266527_21192667.jpg


この顔とか
a0266527_21193391.jpg

これとか。。。いやこれはジニーだわ。
a0266527_21193671.jpg

この顔とか同じすぎ(≧▽≦)
a0266527_21194372.jpg

そうそう、この鼻だけカメラ目線みたいな、
鼻の曲げ方というか曲がり具合も一緒!
a0266527_21522570.jpg

a0266527_21194657.jpg


どこかと言ったら口が微妙に違うようで、口だけ隠したら完全にジニーになる!
a0266527_21200392.jpg
a0266527_21200660.jpg


これは”ハリー”と”タロウ”。
a0266527_21202235.jpg


タロウ
かわいい笑顔。
a0266527_21202523.jpg


そして、ジニーとハリー
a0266527_21223828.jpg


最後にサン家の預かり犬がんもとうちの預かり犬つくねの3連発写真をどうぞ。

「華麗にジャンプ!」
a0266527_21282074.jpg
頭が丸すぎて犬なのかわからない。


「どうだーこの顔怖いだろー」

a0266527_21282531.jpg

「俺のほうが強いぞー」
「あたしだって負けないわ!」
a0266527_21282323.jpg




ジニハリ、つくね、帰り道は予想通りみんな車の中ですでに爆睡でした(^^)
たくさん遊んだあとのこの寝顔を見ているときって最高に幸せを感じる時かもしれません。

ありがとうございました<(_ _)>





[PR]
# by animal-humaneye | 2016-03-26 22:10 | ジニー(ひよこ豆) | Trackback | Comments(0)
久しぶりにファミパ!
あけましておめでとうございました、
というにももう遅いですが、久しぶりの投稿です。
私事ですが受験を控えているのでブログの更新がちょくちょくさらに滞るかもしれませんが
(もうすでに滞ってますが)よろしくお願いいたします<(_ _)>

さっそく記事を。

先週はファミパへ久々に行ってきました。
一昨年のJAZA以来なので1年8か月ぶり。
ちょうど春の開園2日目でいろんなところが新しくなっていました。
気候もちょうど良く動物たちも春の陽気に誘われてのんびりのびのび。


一番写真を撮ったのは、犬を迎えてからやけに気になるシンリンオオカミ。
なので今回はオオカミ単発記事です。


初めにオオカミ舎に着いたのは昼頃。
お昼寝タイムだったようで、
サスケ♂は豪快に地面のど真ん中で。
a0266527_19554308.jpg

前まではサスケとメリーがたぶん自分で掘ったんであろう穴に入っていることもありましたが、
木で新しく立派な囲いがしてあってメリー♀はそこで寝ていました。
ちょうど洞穴に入って見ると真ん前にいる感じです。

a0266527_19554740.jpg

はっ!起こしちゃった。
お久しぶりです~
a0266527_19554969.jpg


2周目にもう1回来てみると、ちょうど寝床を変えるところでウロウロ。
a0266527_19555618.jpg
a0266527_19555997.jpg

この日初めて見れたサスケの顔。
a0266527_19574141.jpg

知らず知らずのうちに欠伸が出ちゃうくらい気持ちのいい午後。
a0266527_19573992.jpg
a0266527_19575009.jpg

おやすみ~
a0266527_19575270.jpg


メリーも横通路の柵のところに来ました。
a0266527_19574456.jpg

そこら辺の枝を見つけてカミカミ。

a0266527_19580655.jpg


あべ弘士さんの描かれるオオカミに見えて仕方ない。さすが旭山出身のメリー。
a0266527_19580917.jpg

ウッシッシ顔。どんな顔しててもカッコいい。
a0266527_19581136.jpg
a0266527_19575735.jpg


ファミリーパークの公式ホームページによると2月には交尾が見られたそうです。
上手くいけば4月末に誕生するかもしれないとのことで、
2世誕生がとても楽しみです。また会いに来なきゃ。




[PR]
# by animal-humaneye | 2016-03-24 20:40 | 富山市ファミリーパーク | Trackback | Comments(0)
大人のための飼育体験
(撮影禁止だったので文章のみです)

大人のための飼育体験。
年間パス購入特典として、10月からハガキで募集をしていて募集は10名。
これはすごい倍率だろうな~、もー思い切って送るだけ送ってみよう!と、
ドキドキでポストに投函して3~4週間…なんと補欠当選で当たったとのハガキが!!

もう来年分の運も使い切ったなと思うくらい
とっっても嬉しかったです。
そして次に気になったのが担当動物。
当日までのお楽しみということで、
それはそれはソワソワワクワクして過ごしました。



前の日には今年初のあられも降って天気はかなり荒れてましたが
なんとか風邪もひかず迎えた当日。

そして担当動物は、南米の森゜*。・*゜ ヽ(*゚∀゚)ノ.・。*゜。!!!
タマリンやアカハナグマたちがいる場所です。
説明を聞いてすぐにそれぞれの飼育舎へと向かいました。


まず初めに表から動物たちの様子を見回り、次に迷路のような通路を通ってこの日の舞台へ。
裏には久しぶりのワタボウシタマリンのポロン♂(とっても大人になっててびっくり)や
グラン♂たちがいてとても嬉しかったです。

というわけで、さっそくゴハンの準備に取り掛かりました。
いろんな材料を用意してもらって量を図って、
それぞれ賽の目に切ったり、黄身だけくり抜いたり、粉かけたり、混ぜたり…

何気に地味だけど大変だったのがブドウの皮剥き(!)。
今までやってリンゴかキウイだったのでかなりの難易度で、出来上がってみると無残なブドウが…
隣のお手本と比べると量が半分。食べる分が減っちゃう~(-_-;)なんて思いながら、
一から十まで教えてもらいながら、作業すること数十分。
台の上にはオニオオハシからタマリンまで、数皿のゴハンが並びました。
みんなが食べてくれるなんて!と思うととっても嬉しかったです(^^)

そしてすぐに今度は表に出てボールニシキヘビのドラゴン♂のふれあいタイム。
いままで表面しか触ったことがなかったんですが、初めて腕に乗せられることに。
正直少し怖かったんですが載せてみると何とも言えない感触がとても面白くて
蛇が大好きになりました(*´▽`*)


あいにくのお天気だったのでお客さんはかなり少なく短めのヘビタイムを終え、
次はアカハナグマの寝室掃除。

ここで登場したのが、
それこそずーーっっとやってみたかった高圧のホース掃除(名前が分かりません;)!
動物園の至る所で見られる、その名の通り高い水圧で一気に汚れを落とす優れもの。
使ってみるとハンドルで結構力がいるんですがとても面白い。
コツのいる水入れも水圧で一気に綺麗に。ブラシでこすって水を切って…
壁はありますが、すぐ横にビップ♀やクッキー♀がいることを意識しながらゴシゴシ。
汗だくになりましたが、快適に使ってくれたらいいなぁと思いながらの掃除はとても楽しかったです。

この日一番の体力仕事の掃除を終えたら、今度は粉を馴染ませておいたゴハンを各部屋へ。
タマリンにはお皿のゴハンの他、
ピンクマウス(マウスの赤ちゃん)、ミルワーム、
そして小学校低学年ぶりに触れたコオロギを手渡しで。
もう二度とないかもと思いかみしめながら…最高に幸せなひと時でした。

さらに忘れられないのが、フタユビナマケモノのブラン。
まさか自分であのフックにきゅうりを引っ掛けることができるなんて!
フードも置いてセット完了。
見回りの時にはいつものお気に入りの場所(奥側)にいたので
食べるのは去ってからだろうな~と思っていた矢先、
見たことない速さでゴハンに向かってくブラン。
そして手渡しであげてもいいということで
そーっと腕を伸ばしてみるとブランもそーっと食べてくれました。

その日1日の幸せをかみしめた瞬間なのでした。


こうしてあっという間に過ぎていった3時間。
帰りは本当に名残惜しかったのですが、
動物たちの衣食住を実際目で見て感じて、
「飼育すること」を色んな内容から身をもって体験できました。。
1日の半分にも満たない間ですが、動物園のお仕事ってこんな感じなんだなぁと感じられてとても嬉しかったです。

やっぱり表から見ているだけとは全然違って、
とにかく時間に追われる仕事だなともつくづく思いました(本当に忙しいのは午前と聞きますが)。
こんな忙しい日々の中で動物たちの幸せを第一に考え、
環境を整えたり繁殖に取り組まれたり真摯に動物たちと向き合われている飼育員の方々に
改めて感銘を受け、内容の濃い幸せな3時間でした。

これから南米の森に行ったときは少し違った風景に見えるかもしれません(^^)


本当にありがとうございました。




[PR]
# by animal-humaneye | 2015-12-04 23:16 | 郷土の水辺・南米の森 | Trackback | Comments(0)
京都市動物園~サル舎

次はチンパンジー舎の斜め向かい、サル舎です。




ワオキツネザルたち
寒いから固まってました。
a0266527_19411022.jpg

アカゲザル
こちらもさらに寒かったのでくっついてサル団子になっていました。
a0266527_19411403.jpg

マンドリルの父ベンケイと
a0266527_19493895.jpg

左側がお姉ちゃんのマンゴー。

a0266527_19494172.jpg
妹のサマンサはどこだ。わかりませんでした。
ちなみに母オネの子の名前には、代々マンドリルの「マン」が入っているそうです。
オネの名前の由来もちょっと気になります。




そしてサル舎唯一の類人猿、シロテテナガザル。


シロマティー♂!
はじめまして!ずっとお会いしたかったです。
とても綺麗な毛並み。雨でちょっとどんよりだね。
a0266527_19493095.jpg


クロマティー♀!
a0266527_19493252.jpg

プロフィールによると、
シロマティーはいつもクロマティーの顔色を窺っているそうです。
かかあ天下なこの図、どこかで見たことあるような(^_^;)
そう言われてみると、色は違えど雰囲気も似て見えてきたり…


朝出たばかりだからか
シロマティーはブラキエーションしたり、
上ったり下りたりとよく動いていました。
a0266527_19495025.jpg


ガラスと網の境目の支えのようなものが、ちょうどテナガが持てる太さのようで
ガラスのすぐ向こう側でブラブラしてたり、移動用に使っていたりして距離が近く感じました。
a0266527_19494748.jpg
シロマティーの足の裏


ブラキエーションバーはなだらかな曲線状になっていて、
上り下りできる形(テナガがそういう感覚なのかわかりませんが)
になっているのが面白いなぁと思いました。
a0266527_19495642.jpg

そしてチンパンジー舎同様、こちらもたくさん植樹してあり緑がいっぱい。
この日は雨が降っていたので雨宿りにもちょうど良さそうでした。
a0266527_19500500.jpg
a0266527_19500736.jpg
奥にこんなものがありました。なんでしょう??
a0266527_19500913.jpg


そして横にはこんな展示物が。一瞬たわしか何かかと思ったのですが、
a0266527_19501397.jpg

近づいてみるとテナガの手型模型
でもただの模型ではなく、ツルツルなのと指紋模様の入った比較模型。

指紋がどれだけ大切なのか見て触って分かるようになっていて、
確かに指紋ナシはとにかく滑る!

身をもって体験できました。
そして最後の、「ヒトの祖先はサルである」、「サルにあるからヒトにもある!」
とのメッセージが素敵だな思いました。
ストレートで分かりやすい。サルもヒトもみんな一緒です。

a0266527_19501590.jpg


さらにテナガザル年に合わせて、絵本のようなこんなものもありました。
a0266527_19502006.jpg
小さな子どもでもすぐに観察が始められますね(^^)
a0266527_19502259.jpg



そして最後に、テナガザルの数字の勉強の看板。
現在、勉強を始めてから約7年。
徐々に覚えている数字は増えていて、特にシロマティーは熱心に取り組んでいるそうです。
時間があればぜひ見てみたいです。

a0266527_20503659.jpg

勉強については、
生き物・学び・研究センター長の田中正之さん著の「生まれ変わる動物園」に
始められたきっかけや方法について詳しく書かれてあります。
テナガとマンドリルの反応の違い、そこから見えるシロマティーの性格などなど
読んでいてとても面白い一冊でした。




[PR]
# by animal-humaneye | 2015-11-22 21:31 | Trackback | Comments(0)
京都市動物園~類人猿館
京都市動物園の続きです。
マップを頼りに、やってきました類人猿舎。

建物自体には昔はニシゴリラもいたそうですが、
ゴリラは新しい建物に引っ越して、今はチンパンジーだけが暮らしているそうです。
反対側にゴリラ、斜め向かいにシロテテナガザルがいます。

a0266527_09153190.jpg


チンパンジーたちは全員で5人。
2つの屋外に分かれていました。

a0266527_09153409.jpg


2013年生まれのニイニ♂。
お父さんはジェームス、お母さんはコイコ。
京都のチンパンジーでは49年ぶりの誕生だそうです。

a0266527_09155535.jpg

オイショ、オイショ‼
せっせと消防ホースロープをくだっていました。
a0266527_09155843.jpg

ちなみにこの名前は誕生日の2月12日からきているそうです。
いしかわのイチゴとハローと一緒ですね(^^)



ジェームスさん。
a0266527_09161247.jpg

父と子。
お父さんが気になるニイニ。
お父さんが動くとどこからともなくやってきてじっと近くで観察していました。
a0266527_09161510.jpg


こちらは東パドックにいた、今年5月に京都へ来たばかりのローラさん。
a0266527_09160988.jpg



9メートルのプリズムタワー。
天候良くなかったせいか、てっぺんまで登っているチンパンジーはいなかったですが、
見てるだけで楽しそうで面白い構造でした。

a0266527_09154804.jpg

すべてのパドックに自然の木々や植物がたくさん植えてあり、
こちらがチンパンジーを探して見るという感じでした。

(↓中央パドック)
a0266527_09163313.jpg

あ、見つけた!
a0266527_09162955.jpg

茂みから顔を出したニイニ。
すぐ向かい側の木にはお母さんが同じ格好で上っていてまねしているところです。
ロープを握ってバランスを取ってます。
a0266527_09160453.jpg


小さな背中がなんとも。
a0266527_09160701.jpg

しばらくすると母子共々、
小さなニイニも慣れた手つきでするすると降りて、
茂みの中へと消えました。

なんだろう、その瞬間とても幸せな気持ちになりました。
a0266527_09163835.jpg



(東パドック↓)

a0266527_09163609.jpg


西パドックは調整中でした。
a0266527_09164189.jpg


室内の勉強部屋。
大学と連携されているからこそ見られる様々な様子や工夫が
こうして動物園に来て見れることにとても感動しました。

a0266527_22133871.jpg

密かに楽しみにしていた勉強は、
お休みの日のため残念ながら見れませんでした。
(勉強スケジュールは京都市動物園の公式ホームページで見られます)

横に普段の様子が書いてあったのでせめてもと写真を。
勉強のペースはそれぞれ、反応も三者三様で、
子どものニイニは3まで覚えているそうです。
a0266527_22134034.jpg
a0266527_22134389.jpg

今度行った時には見れますように。。。

最後に、室内に貼ってあった掲示。
実際に飼育員さんが行って撮られた写真と共に書かれた
コメント一つ一つが面白かったです。
a0266527_22133522.jpg









[PR]
# by animal-humaneye | 2015-11-19 22:32 | Trackback | Comments(0)
SAGA18と京都市動物園
14日、「アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集いSAGA18」
に初参加してきました。
長年の夢がやっと叶って、とても有意義なお話がたくさん聞けて、
たくさんの方々とお会いできてとても幸せでした。
SAGAの詳細はまた後ほど。

今年の開催地は先週もうじゅうワールドがグランドオープンしたばかり!
ほかにも多数リニューアルされた京都市動物園。
こちらも初めての訪問なのでこの日をとても心持にしていました。

ゴリラの部屋やチンパンジーのタワーなどとても素敵なところがたくさんあって、
滞在時間はそれほど多くなかったんですが、とても濃い時間を過ごせました。
少しづつアップしていきたいと思います。(いしかわ動物園の記事も間に少しづつできたらなと(>_<))


まずは2月にリニューアルした「ゾウの森」。
ここには1979年にマレーシアから来園した美都さん♀(この日は奥に居て、背中が少しだけ見れました)、
そして昨年に日本とラオスの外交関係60周年、京都市動物園110周年記念としてやってきた
4頭のゾウが暮らしています。

広いパドックで遊びまわる群れのゾウが見られ、見ているほうもとっても楽しいのですが、
一方では森林伐採や象牙のための密猟によって急速に数を減らしている野生のアジアゾウ。
野生でも難しいとされている繁殖を目標とした「ゾウの繁殖プロジェクト」に取り組まれているそうです。


a0266527_21525721.jpg

手前にプール、真ん中に放飼場、そして奥が寝室。
プールは浅い所や深いところがあって、それぞれ好きなところで過ごしていました。
a0266527_21530082.jpg
あいにくの雨だったんですがゾウたちはへっちゃら!プール遊び!
a0266527_21531276.jpg
ザッバーン!!
a0266527_21531546.jpg

a0266527_21531745.jpg
春美カムパート♀は入りたくなさそうで、
浅めのところでみんなの近くにずっといました。
a0266527_21531920.jpg

気持ちいいね。
a0266527_21532275.jpg
この距離で後頭部、とても新鮮な構図。
頭に毛が生えてるのもよく見えます。
a0266527_21532436.jpg


ここで時間的にSAGAの会が始まったので一旦退散。
午後から行くとちょうどガイドの時間でした。

飼育員さんが来られたので全員小走りで駆けてく駆けてく。
群れの動物だけあって、なにをするにもいつも一緒。
a0266527_21534974.jpg


夏美ブンニュンは高々と草を掲げて、、、
a0266527_21535159.jpg

美味しそうにムシャムシャ。
a0266527_21535356.jpg
水も小さな鼻で吸い上げて、、、
a0266527_21535572.jpg
飲み干す。
それにしても細いところに立ってるね(^^)
バランス感覚もとても良いんですね。
a0266527_21535735.jpg
またまたプールです。
a0266527_21540033.jpg
a0266527_21540297.jpg

息するのに鼻をあげてるのを実際に見れて感激です。
乗っかったり、沈んだり、走ったり。
たくさん水しぶきを上げていました。
a0266527_21540468.jpg
水中歩き?
a0266527_21540726.jpg


上がる時も一斉に、ぞろぞろと。
a0266527_21540983.jpg
浅いところで横向きに使って極楽~
a0266527_21541294.jpg

続きは動画で!
プールで遊んでいた3頭、オスの秋都トンカムはひとり陸で大はしゃぎ。
2頭はプールから上がりますが、夏美ブンニュンだけひとり残って水遊び続行。
そこへまた3頭やって来てワイワイ遊び始めます。




その時は気づかなかったんですが、
この観覧場所以外にもガラス越しの部分や
「コンタクトコーナー」というのぞき穴付きのガラス窓(?)があるそうです。
トータル数十分見ていましたが、まだまだ見足らないくらいとにかく面白く、
ここだけのためにもう一回来たいな~と思ったくらいでした(^^)



[PR]
# by animal-humaneye | 2015-11-15 23:29 | Trackback | Comments(0)
秋晴れ
バックに映る景色も秋っぽくなってきました。

特に朝は日差しがとても心地良い。
a0266527_18462781.jpg
(モンテ♂、キケ♀)


今年屋外に出られるのはあと何日でしょう。
a0266527_18462957.jpg
(サンドラ♀)


これは別の日。
まだ日差しが暑かったので日陰で涼むメロン♀とハロー♂。
お母さんの背中に寄りかかって足遊びするハローがほのぼのしました。
a0266527_18494698.jpg



これはこの前。
メロンとゆっくり食事。
a0266527_18500682.jpg

ちょうだーい!
a0266527_18500954.jpg
ハローの嬉しそうな顔^^
a0266527_18500448.jpg



一方イチローがくわえているのを見るとハローの遊びスイッチが入るのか
立ち上がって何か言ってるよう。

「お父さん、何もってるのー」
a0266527_18501111.jpg
「ぼくにもちょうだいっ」
「お父さんが食べるのっ!」
「ヤダ遊ぶっ!」
a0266527_18501327.jpg

でもしばらく見ていると
ハローは取ったら取ったですぐイチローの方に投げていたので、
別にこの枝付き葉っぱが欲しいわけじゃなくて
追いかけてくるイチローが狙いみたいです(^^)
することが高度になってきたね。
a0266527_18505670.jpg

a0266527_18505401.jpg


しばらく取りつ取られつつを繰り返し、最後にはイチローの手元へ。
ゆっくり食事をしているイチローを撮ろうとしていると。。。

なんかきた~~
a0266527_18501617.jpg
a0266527_18501972.jpg
ババーーン!!

足蹴りであいさつ?してくれました。
a0266527_18502175.jpg
また大きくなった?
a0266527_18502504.jpg


お父さん大好きなハロー。
いつもイチローのことをよく見ていて、いつもひっついています。
a0266527_18504310.jpg


顔をパクッ。
a0266527_18504181.jpg
これ他の日にもやってました。

遊んでいて。。。
a0266527_18505052.jpg

肩をパクッ!
a0266527_18504714.jpg
成長の証?それともただの遊び?



a0266527_18505670.jpg
時にはちょっと度が過ぎたのか、
イチローに来ないように腕で止められていたハローが面白かったです。
a0266527_18505851.jpg
a0266527_18510103.jpg

お母さんメロンはいい場所で日向ぼっこ。
a0266527_18512429.jpg

しばらくしたら擬木のくぼみに入ったメロン。
お腹冷えちゃった?
日差しは暖かい、でも冷たい風は避けたい。
その気持ちよく分かります(^^;)
a0266527_18512853.jpg

ハローはまだまだ風の子だね。
a0266527_18512742.jpg

そして最後に、お隣ブロトス♂はこの日は室内。
相棒ドーネ♀が居なくなって寂しくない?
a0266527_18513169.jpg


ドーネが福岡市に行ってから早3か月。
休園日にはテナガザルとの同居もされたそうで、
詳しくは福岡市の公式ブログで動画なども見られます。
(リンクokか分からなかったのでしてません(><))

テナガに戸惑うドーネ、麻袋をかぶって得意のブルドーザーをしている場面もあって面白かったです。
元気そうで何よりです(^^)



[PR]
# by animal-humaneye | 2015-10-26 20:01 | チンパンジーの丘 | Trackback | Comments(0)
大切なことが学べる展示
いつの間にか9月丸々放ったらかしにしてました( ;∀;)
レッサーパンダのバンザイ画像やかぴ氷写真(いつの!?)など
写真はたくさんあるので少しづつアップしていけたらと思います。
お時間のある方はどうぞ気長にお付き合いください_(._.)_


さっそく、まずは新展示場‘‘カメたちの広場‘‘。
その名の通りカメだけを展示した、カメのための広場。
これまでふれあい広場のところどころに居たカメや、別の場所に居たカメ、
園内にいたほとんどのカメたちなのかな?!というくらいたくさんの種類がここで見られます。
a0266527_19491988.jpg

昨年11月に生まれたケヅメリクガメの子ども。
a0266527_19495038.jpg
ケヅメリクガメとアルダブラゾウガメ。
これまで離れたところいた2種ですが、こうしてみると顔や模様・甲羅の形もずいぶん違うのがよく分かります。
a0266527_19495828.jpg

インドホシガメ
a0266527_19500027.jpg


ホウシャガメ
暖かい時期はワオキツネザルのところにもいますね。もちろんマダガスカルに住むカメ。
a0266527_19500260.jpg

そしてワニガメ。(映し方下手でごめんなさい(>_<))
a0266527_19500599.jpg
ここにいるカメたちは多くが保護個体だそうです。

違法とか保護と聞くとどこか遠いところの話に聞こえますが、
石川県でもこういったことが実際に起こっているんですね。
とても貴重な展示です。
a0266527_19500737.jpg

そして一番たくさんの人に知ってほしくて(勝手に)
一番感動(?)したのがこちらの展示。
a0266527_19501017.jpg
小さな個体と大きな個体(園の公式HPによると親子だそうです)。
並べて展示してあり、その成長度が子どもでも分かりやすくなっています。

お祭りやお店などで当たり前のように売られていた(いる?)ミシシッピアカミミガメ。

命が安易な気持ちでとても安い値段で取引されて
挙句の果てに勝手に捨てられ、問題になる現実。。
カメは何も悪くありません。

1頭でも捨てられる命が無くなればと心から思います。
a0266527_19501103.jpg

他にもカメに対する思いがしっかり伝わってくる掲示が貼られてあり、
ただ居るのを見るだけでなく、学び取ることもたくさんあるように思いました。


a0266527_19501837.jpg
小屋右側にはここにいる中で一番大きなアルダブラゾウガメ。
しゃがんでみると同じ目線。
ゆったりとした動きや穏やかな表情が気高い強さを感じさせます。

a0266527_19502095.jpg


そしてもちろん、リアルガラパゴスゾウガメの模型も一緒にお引越し。
久しぶりに見たのでまた一瞬びっくりしました(^^;)

いつかこれが本物になってたりするんでしょうか(^^)
a0266527_19502250.jpg

カメたちの安全のための掲示もされてあって、のびのび安心して暮らしています。

a0266527_19511377.jpg
a0266527_19511563.jpg
寒さの苦手なカメたちはこれまで冬には展示されていませんでしたが、
暖房完備のポカポカハウスになったことで1年中会えるようになったそうです。
カメ好きにはたまらない広場かもしれませんね!


[PR]
# by animal-humaneye | 2015-10-25 21:17 | Trackback | Comments(0)
初お目見え
気が付けば8月ももう終わり。

朝晩が涼しく感じられ早くも秋の到来?
と思えば、昼間の太陽はこれでもかというくらいジリジリ照りつけてきます。

暑すぎて日中の動物園からちょっと足が遠のいていますが、
その分行った時の枚数がとんでもない(;'∀')
カメラが壊れそう。


というわけで、7、8月分を一気に。
まずはアムールヒョウのコロン♀のことから。
(パソコンの関係で写真編集がほぼできていないので、
明るさや傾きがバラバラです、ご了承ください(T_T))



6月24日に広島の福山市動物園から来園したコロン。

5月頃に福山市の公式ブログにていしかわにアムールヒョウが来ると知り嬉しびっくり。
それからまた更新され、今度は移動日決定の文字。
アムールヒョウってどんな動物だろう、コロンってどんなコだろうと
過去の記事などを見たりしながら、その日をとても楽しみにしていました。


こちらは以前、Animal daysのchappoさん からいただいた缶バッジ。
a0266527_13011019.jpg
とても幼い頃のコロンと姉妹のカラン。(どっちがどっちか分からないですが、なんとなーく奥がコロン??)
頂いたときはまさかこのバッジのこの子をいしかわで見れることになろうとは思ってもいませんでした。



到着してちょうど1か月後の7月24日に一般公開が始まり、
7月26日に特別ガイドがあるということで見に行ってきました。

他の方のブログ等を見ていると、
カランとじゃれあったりパドックを走り回ったり
とにかくよく動き元気いっぱいのコロン。

だけど公開してすぐなので緊張してか固まったりしてるのかなと思いきや・・・
a0266527_13025675.jpg
すでにうろうろ歩き回って、活発そうなこの表情!
初めまして♪



ガイドでは、カランのことや野生下の状況のお話などをお聞きできました。

野生では200頭程しかいないアムールヒョウ。
日本の動物園でも7施設13頭しかおらず、まだ繁殖適齢期ではないコロンですが、
将来的にはオスの導入も検討され、繁殖に力を入れていくそうです。
a0266527_13043744.jpg

甘えん坊で好奇心旺盛だというコロン。
展示場には早くから慣れてくれたものの、
見られる中でのゴハンはまだ練習中だそうで、お肉はお預け。

普段は1日1回馬肉や鶏頭を食べていて、
また、週1で鶏を丸ごと与えているそうです。
あんなに大きなものをどんなふうに食べるのか、見てみたい気もします。
a0266527_13044553.jpg

ガイドが終わるとソワソワ。
なんでも気になる様子。
a0266527_13044983.jpg
a0266527_13045102.jpg
別の時間に再び行くと、ハッと目が合いました(^^)
a0266527_13045326.jpg

それまでアムールヒョウは見たことがなかったのですが、
見て初めに思ったのが、身体が結構大きいこと。
それまでハッピーに見慣れていたからでしょうか、
その幼い顔とのギャップに不思議さを感じてしまったのでした。
a0266527_13044749.jpg


↓その日のお隣りがちょうどハッピー。(ちなみに亜種は分からないそうです)
こう見えて95年生まれのおばあちゃん。
最近少しおぼつかない足取りですが、そのとてもかわいらしい顔でいつまでもお元気でいてほしいです。
a0266527_13050682.jpg






8月14日に行ったときは屋外展示場にいたコロン。
a0266527_13051293.jpg

暑さが苦手なアムールヒョウ。
a0266527_13053581.jpg

涼しくなってきた夕方はとても良く歩き回っていて、
a0266527_13052076.jpg

特に担当さんが通るとご覧の通り。
まったく音を立てず、しなやかな動きであっという間に木に登っていきシャーシャー?何か言っていました。
まだ生まれて1歳数か月。いくらかわいらしい顔をしていてもヒョウはヒョウ。
その一瞬で野生の一端をうかがえた気がします。
a0266527_13052276.jpg

でも勢い余って木からズルリ(;'∀')
幸い鋭い爪のおかげで落ちることはなかったですが、木に爪が食い込んでバキバキいっていました。
屋外ならではの迫力。やっぱりすごい。
a0266527_13052424.jpg

こんな格好もなんなく。
a0266527_13052809.jpg
a0266527_13052603.jpg

コロンは水金土に屋外パドックに出ているそうです(^^)





最後に。
26日、コロンのガイドではもう一つ、とても貴重なものを見せていただけました。


去年の秋に亡くなったヒョウのマウント♂の顔と、
同じく昨年亡くなったライオンのエルザ♀の手の標本。

生きている間、ガラスや柵の向こうでたくさんの命の輝きを教えてくれる動物たち。
触れることなど、ましてや隔たりがないと、
同じ場所にいることすら到底できない動物たちですが、
亡くなった後にこうした形で、またたくさんの人に知るきっかけを与えてくれます。

生きた証として一生残すことができるって素晴らしいと胸が熱くなりました。
a0266527_14024567.jpg
a0266527_14024873.jpg




[PR]
# by animal-humaneye | 2015-08-30 14:52 | ネコたちの谷・イヌワシの谷 | Trackback | Comments(0)



動物たちの写真から、動物っておもしろい!と興味を持っていただき、野生動物、生息域の保全・自然の大切さなどをお伝えできればと思っております。たまにジニーとハリーも! by Ginevra3
検索
caution&リンク
当ブログは非公式であくまでもただの一客の素人が勝手に書いておりますので、いしかわ動物園さんとは一切関係ありません。
当ブログ内の画像・文章、及びイラストの無断転載・無断転用は固くお断り致します。


ーーーーーーーーーーー

リンク

・レースをまとってZooへ行こう!

・つりざお担いで動物園

・Animal Days



タグ
(314)
(142)
(89)
(76)
(53)
(28)
(26)
(24)
(22)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(8)
カテゴリ
アシカ・アザラシたちのうみ
サルたちの森
小動物プロムナード
ネコたちの谷・イヌワシの谷
オーストラリアの平原
郷土の水辺・南米の森
ふれあいひろば・なかよしハウス
水鳥たちの池・バードストリート
アフリカの草原
カバの池
ゾウの丘
チンパンジーの丘
オランウータンの森
富山市ファミリーパーク
動物園その他

日本モンキーセンター
ジニー(ひよこ豆)
最新のコメント
なるほど…触れることと飼..
by Ginevra3 at 17:39
あ~ やっと見てもらえた..
by Ishi-K at 15:11
Ishi-K様、返事が遅..
by Ginevra3 at 19:48
こんにちは。 お久しぶ..
by Ishi-K at 10:00
記事ランキング
以前の記事
2016年 07月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
ブログパーツ
ブログジャンル
ライフログ